メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄・宜野湾市長選 自公系新人当選

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が30日、投開票された。普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画を進める安倍政権が支援した前副市長の松川正則(まつがわまさのり)氏(65)が、移設に反対する前県高校PTA連合会長で会社役員の仲西春雅(なかにしはるまさ)氏(57)を破り、初当選した。投票率は64・26%。【遠藤孝康】

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです