メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

沖縄知事に玉城氏 自公総力戦落とす

近年の沖縄県知事選の構図と結果

 30日投開票の沖縄県知事選は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城(たまき)デニー氏(58)が、安倍政権の支援する佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)との総力戦を制した。急逝した翁長雄志(おながたけし)氏の「弔い合戦」が奏功し、無党派層を取り込んだ形だ。政府は今後も移設計画を進める方針だが、安倍政権の求心力低下も予想される中、先行きには不透明感がある。【遠藤孝康、竹内望】

この記事は有料記事です。

残り2167文字(全文2371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです