メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄県知事選 知事に玉城さん 辺野古、再びノー 「翁長さん遺志」共感

当選を確実にし、支援者とカチャーシーを踊る玉城デニーさん(中央)=那覇市で2018年9月30日午後9時34分、徳野仁子撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に、沖縄県民は4年前に続いて再び「ノー」を突きつけた。30日に投開票された沖縄県知事選は、8月に急逝した翁長雄志(おながたけし)知事の遺志を継ぎ、「辺野古に新基地は造らせない」と訴えた元衆院議員の玉城(たまき)デニーさん(58)が、移設を進める安倍政権が支援した前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)さん(54)らを破って初当選を決めた。政府が移設工事を強行する中にあっても、県民は辺野古の美(ちゅ)ら海を埋め立てるのは許さないとの決意を示した。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 新型コロナ 北九州市、新たに14人が感染 昼カラオケ、2人増え19人に /福岡

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. ふらっと東アジア 中国「千人計画」を一律に「スパイ作戦」扱いするリスク

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです