メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県知事選

「弔い合戦」奏功 辺野古移設不透明に

近年の沖縄県知事選の構図と結果

 30日投開票の沖縄県知事選は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城(たまき)デニー氏(58)が、安倍政権の支援する佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)との総力戦を制した。急逝した翁長雄志(おながたけし)氏の「弔い合戦」が奏功し、無党派層を取り込んだ形だ。政府は今後も移設計画を進める方針だが、安倍政権の求心力低下も予想される中、先行きには不透明感がある。

 「知事選で敗れればもう移設を止められない」。移設反対派は、辺野古移設を強行する政府に対して強い危機…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです