メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県知事選

識者談話 ウチナーンチュの激しい怒り

当選を確実にし、万歳する玉城デニー氏(中央)=那覇市で2018年9月30日午後9時34分、徳野仁子撮影

仲地博・沖縄大学長(行政法)

 「翁長雄志知事の後継者」を前面に打ち出した玉城デニーさんの勝利によって、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画に対する強い反対の民意、翁長県政への支持が改めて示された。

 それは、日米安保条約は必要だとしながらも、沖縄に過重な米軍基地負担を押しつけていることを当たり前としてきたヤマトンチュ(本土の人)に対するウチナーンチュ(沖縄の人)の激しい怒りの表れでもある。

 安倍政権が支援した相手候補は「基地問題は国の専権事項で、沖縄側が賛否を示す必要はない」という姿勢で…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです