メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県知事選

識者談話 無視できない移設反対の民意

埋め立て工事が進む辺野古沿岸部。左上は米軍キャンプ・シュワブ=沖縄県名護市で2018年9月16日、本社ヘリから森園道子撮影

熊本博之・明星大准教授(地域社会学)

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画について、急逝した翁長雄志知事が命がけで反対しても無視し続けた政府に対する県民の反発が、玉城デニーさんを勝利に導いたとみるべきだ。

 安倍政権が全面的に支援した相手候補は1人あたりの平均県民所得を300万円に向上させると公約に掲げたが、最大の争点であるはずの辺野古移設の是非を明らかにしなかった。そこに「移設さえ認めれば所得も向上しますよ」という「アメとムチ」の姿勢を感じ、「ウチナーンチュ(沖縄の人)のアイデン…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです