メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

沖縄県知事選敗北 「選挙の顔」陰り 改憲、貿易交渉も難関

 9月30日投開票の沖縄県知事選で与党系候補が敗北し自民党総裁選で3選したばかりの安倍晋三首相は出はなをくじかれた。対立候補に過去最多得票を許したことは地方に鬱積する不満の表れと受け止められ、正念場の次期参院選に向けて与党に不安がしのびよる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設も、再び移設反対派の知事が誕生し、先行きが見通せなくなった。【朝日弘行、秋山信一、遠藤孝康】

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手おとがめなし 無免許運転の捜査終了
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  4. 2019参院選 選択の現場から/下 性的少数者支援 「多様な社会」どう実現 議論深化に当事者期待 /埼玉
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです