メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島知事選

4氏が届け出 投開票は28日

 任期満了に伴う福島県知事選が11日、告示された。再選を目指す現職の内堀雅雄氏(54)▽新人の自然塾主宰、金山屯氏(78)▽新人のIT会社社長、高橋翔氏(30)▽新人の共産党県委員長、町田和史氏(42)--のいずれも無所属の4人が届け出た。投開票は28日。

     東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興のあり方と、1期目の内堀氏の政策の是非が主な争点となる。

     内堀氏は共産を除く与野党の県組織が支援する。被災地へロボット産業や再生可能エネルギーといった新産業集積を目指す構想の継続などを訴える。

     金山氏は「未来のビジョンが見えない」などと現県政を批判。郡山市への県庁移転などを主張する。

     高橋氏は郡山市で会社を経営する。東京都出身で若者の移住や次世代の子育て支援を訴える。

     町田氏は共産の県組織などで構成する市民グループが擁立。避難者への仮設住宅の無償貸与打ち切りなどを批判し、「県民の声を聞く県政」を掲げる。【柿沼秀行】

     立候補者次の通り。(届け出順)

    内堀 雅雄(うちぼり まさお)54[元]副知事 (1)無現

    金山  屯(かなやま じゅん)78自然塾主宰  無新

    高橋  翔(たかはし しょう)30IT会社社長 無新

    町田 和史(まちだ かずし) 42共産県委員長 無新=[共]

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
    2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
    3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
    4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです