メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

立憲、国民、連合が候補者調整で覚書

 立憲民主、国民民主両党と連合は10日付で覚書を交わし、来夏の参院選に向けた選挙協力について「与党を利することがないよう、各選挙区における野党間の事前調整の必要性を共有する」と、野党候補の一本化を目指す方針を明記した。

     覚書では、全国に32ある改選数1の「1人区」に関して「与野党の1対1の構図を確立すべく、候補者擁立の段階から1人に絞り込む調整が必要」と指摘。分裂による共倒れを防ぐ必要性で一致した。また改選数2以上の複数区も含め、立憲、国民のどちらかの候補に一本化された際は「両党による推薦・支援を含め、連合の組織力を最大限発揮しうる環境を構築する」と協力姿勢を明記した。

     両党と連合は今後、政策協定の締結を含む選挙協力へ協議を進める方針だ。【遠藤修平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
    2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
    3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
    4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです