メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来夏参院選

「鳥取・島根」舞立氏で決着 自民、合区候補者調整

 自民党鳥取県連の石破茂、島根県連の竹下亘両会長が12日、国会内で会談し、来夏の参院選の「鳥取・島根」合区選挙区では鳥取の現職、舞立(まいたち)昇治氏(43)を公認候補として党本部に申請することで合意した。島根の現職、島田三郎氏(62)は比例代表に回り、新制度の拘束名簿式「特定枠」で処遇する。もう一つの合区選挙区である「徳島・高知」選挙区にも2人の現職がおり、徳島、高知両県連が調整を続けている。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 広島原爆アーカイブ 被爆3日後の少女「73年前の母だ」 毎日新聞記者撮影、長男が名乗り

  5. 岐阜信用金庫理事、ひき逃げ容疑で逮捕 帰宅の途中

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです