メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
豊見城市長選

辺野古反対派の山川氏当選 玉城知事が支援

 沖縄県の豊見城(とみぐすく)市長選が14日投開票され、無所属新人で元市議の山川仁(ひとし)氏(44)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由、地域政党・沖縄社会大衆推薦=が、無所属新人で元市議の宜保安孝(ぎぼ・やすたか)氏(41)=自民、維新、希望推薦=と、3選を狙った無所属現職の宜保晴毅(ぎぼ・はるき)氏(50)の保守系2人を破って初当選した。投票率は53.28%…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです