メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙

資金総額、初の50億ドル超 個人献金が増加

 【ワシントン高本耕太】11月6日投票の米中間選挙で費やされる資金の総額が史上初めて、50億ドル(約5626億円)を超えることが確実となった。これまでの中間選では多くても40億ドル前後で、大幅な伸びとなった。調達額では下院で多数派の座の奪還を視野に入れる野党・民主党が与党・共和党を上回った。草の根運動の盛り上がりを反映し、個人の小口献金も増加した。

 政治資金を監視する民間機関「責任ある政治センター」が17日に発表した集計によると、連邦議会の上下両…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです