メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療法人

選挙運動に勤務中職員派遣 名古屋市「偕行会」

 東海・関東地方で医療機関を展開する名古屋市の医療法人「偕行会(かいこうかい)」グループが2014年の総選挙で、工藤彰三・国土交通政務官(自民、衆院愛知4区)と、岡本充功・元厚生労働政務官(国民民主、衆院比例東海ブロック)の選挙運動に、勤務中の職員を派遣していたことが判明した。公職選挙法では業務中の会社従業員などの選挙運動を禁じているが、14年の総選挙で公選法違反となっても公訴期限(3年)が成立している。

 法人の内部資料などによると、14年12月の総選挙で、法人本部の担当者がメールで現場の責任者らに対し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです