メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療法人

選挙運動に勤務中職員派遣 名古屋市「偕行会」

 東海・関東地方で医療機関を展開する名古屋市の医療法人「偕行会(かいこうかい)」グループが2014年の総選挙で、工藤彰三・国土交通政務官(自民、衆院愛知4区)と、岡本充功・元厚生労働政務官(国民民主、衆院比例東海ブロック)の選挙運動に、勤務中の職員を派遣していたことが判明した。公職選挙法では業務中の会社従業員などの選挙運動を禁じているが、14年の総選挙で公選法違反となっても公訴期限(3年)が成立している。

 法人の内部資料などによると、14年12月の総選挙で、法人本部の担当者がメールで現場の責任者らに対し…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです