メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
福岡市長選

推薦巡り現職市長と自民市議団などが神経戦

高島市長と自民党の関係

 任期満了に伴う福岡市長選(11月4日告示、18日投開票)に3選を目指して出馬表明した高島宗一郎市長(43)の推薦を巡り、高島氏と自民党市議団などが神経戦を繰り広げている。市議団は推薦を出して全面的に支援したい考えだが、高島氏は「(推薦は)マスト(必須)案件ではない」として推薦願は出さない方針だ。告示まで2週間を切っても選挙態勢が見えてこない異例の事態に、自民党関係者には戸惑いといら立ちが募っている。

 「私を推薦したい党があれば推薦していただければいい。マスト案件ではない」。高島氏は今月2日、記者会…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1276文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです