メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市長選

福岡、熊本で4日告示 現職と新人の一騎打ちへ

 任期満了に伴う福岡、熊本両市長選が4日、告示される。いずれも現職と新人の一騎打ちになる見通しで、投開票日は18日。

 福岡市長選には、3選を目指す現職の高島宗一郎氏(44)と、共産市議団事務局長の新人、神谷貴行氏(48)=共産推薦=が立候補を表明。一騎打ちは1994年以来24年ぶり。

 高島氏は前回選で自民、公明両党から推薦を得て過去最多得票で再選。しかし、今回は自民市議団や自民県連との関係悪化から政党推薦なしで臨む。立憲民主や国民民主の所属市議でつくる市議会会派は対立候補を擁立できず自主投票とする。

 市長選では、高島氏が進めている国家戦略特区を活用した市街地再開発などの成長戦略や、渋滞緩和策として…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文662文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 全日本学生落語選手権「策伝大賞」 立命館3年・高橋壱歩さん 岐阜 /岐阜
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 10連休のGW、旅行に予約殺到 価格高騰も
  5. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです