メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市長選

現職と新人 24年ぶりの一騎打ちに

 任期満了に伴う福岡市長選が4日告示され、いずれも無所属で新人の共産市議団事務局長、神谷貴行氏(48)=共産推薦=と、3選を目指す現職の高島宗一郎氏(44)の2人が立候補を届け出た。6人が乱立した前回選から一転し、1994年以来24年ぶりの一騎打ちとなった。国家戦略特区を活用した成長戦略などで市をけん引する高島市政の是非を争点に選挙戦が展開される。投開票は18日。3日現在の選挙人名簿登録者数は125万8232人。

 第一声で、神谷氏は低所得世帯の割合増加などを指摘し「大型開発をすれば市民の暮らしに回ってくるという…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです