メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市長選

SNSにウルトラマン 投票率アップに躍起

福岡市役所の西側壁面に登場した巨大な啓発ポスター=福岡市中央区で2018年11月7日午後3時25分、蓬田正志撮影

 18日投開票の福岡市長選は1994年以来24年ぶりの一騎打ちとなり、市選挙管理委員会はあの手この手で有権者の関心を引こうと躍起になっている。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使ったユニークな啓発動画を配信する他、幅広い世代に親しまれる「ウルトラマン」を使った巨大な啓発ポスターも用意した。しかし、公開討論会が開かれないなど政策論争は深まらず、投票率の行方は不透明だ。

 市長選では、94年に過去最低の31.67%を記録。その後も30~40%台で推移しており、候補者6人…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです