メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市長選

盛り上がり欠ける論戦 公開討論会なく

 18日投開票の福岡市長選は1994年以来24年ぶりの一騎打ちとなったが、今回は過去の市長選で開かれてきた公開討論会が実施されていない。立候補した新人の神谷貴行氏(48)=共産推薦=と現職の高島宗一郎氏(44)は街頭演説やインターネット上で支持を訴えているが、論戦は盛り上がりを欠いている。

 高島氏が初当選した2010年や06年の市長選では「ローカル・マニフェスト推進ネットワーク九州」の主催で公開討論会を開催。02年と1998…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです