メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統一選

「おかあちゃんの声を」4府県9市で女性候補連携

来春の統一地方選に向けて交流会を開き、意見交換をする女性たち=京都市中京区で2018年11月4日、飼手勇介撮影

 来春行われる4年に1度の統一地方選。女性の地方議員が1割に過ぎない現状を変革しようと、政党に属さず立候補を検討する関西の女性が連携を始めた。東日本大震災で母子避難した人、シングルマザーなど顔ぶれはさまざま。「政治に女性の声を」--。政策研究、選挙支援などで情報交換を進める。

 今月4日に京都市で開かれた交流会。京都、宇治、京田辺(京都)▽伊丹、西宮、宝塚(兵庫)▽豊中、吹田(大阪)▽近江八幡(滋賀)--の4府県9市で市議選への出馬を検討している30~60代の女性10人が集った。

 呼び掛けたのは京田辺市に住む吉高裕佳子さん(43)だ。小中学生の息子2人を育てながら脱原発や食の安…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです