メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳

電話で協議、首相が中間選挙で祝意

 安倍晋三首相は9日、トランプ米大統領と約10分間電話で協議した。首相は米中間選挙で与党・共和党が上院で過半数を維持したことへ祝意を伝達。トランプ氏も「感謝する」と応じ、日米関係の連携強化を図る方針で一致した。トランプ氏は選挙直後も日米通商問題について「日本は米国を公正に扱っていない」などとけん制を強めている。首相は緊密な関係を維持するため、祝意を伝えたとみられる。

     電話は首相が呼びかけた。トランプ氏は昨年10月衆院選、今年9月の自民党総裁選の直後、首相に電話やツイッターで祝意を伝えている。菅義偉官房長官は9日の記者会見で「首脳の頻繁なやりとりは親密な関係の下、日米同盟が強固であることを示すものだ」と強調した。【高橋克哉】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
    5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです