メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬

昭和村議選、候補者少なく再選挙 届け出9人は当選

 任期満了に伴う群馬県昭和村議選(定数12)が27日に告示されたが、立候補者が9人しかおらず、欠員3を補うための再選挙が来年1~2月に実施されることになった。立候補を届け出た9人は無投票で当選した。

 公職選挙法の規定では、定数の6分の1を超える欠員(今回は3人以上)が生じた場合、補欠選挙を行うとして…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです