メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

立憲・国民、連合と協定 理念止まり 進まぬ1人区調整

参院選を巡る主な野党の思惑

 立憲民主党と国民民主党は30日、連合とそれぞれ同内容の政策協定を締結し、来年の参院選に向けた連携を確認した。両党は「安倍1強」体制にくさびを打ち込もうと改選数1の「1人区」で選挙区調整を行う方針を確認しているが、昨年の旧民進党分裂騒動のしこりもあって調整は思うように進んでいない。連合は政策協定を結節点に協力を加速させたい考えだが、選挙戦略を巡る両党の思惑にはずれもあり、先は見通せていない。【小田中大、遠藤修平】

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです