メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

立憲・国民、連合と協定 理念止まり 進まぬ1人区調整

参院選を巡る主な野党の思惑

 立憲民主党と国民民主党は30日、連合とそれぞれ同内容の政策協定を締結し、来年の参院選に向けた連携を確認した。両党は「安倍1強」体制にくさびを打ち込もうと改選数1の「1人区」で選挙区調整を行う方針を確認しているが、昨年の旧民進党分裂騒動のしこりもあって調整は思うように進んでいない。連合は政策協定を結節点に協力を加速させたい考えだが、選挙戦略を巡る両党の思惑にはずれもあり、先は見通せていない。【小田中大、遠藤修平】

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文995文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです