メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城

均等法の初県議選、92人届け出に女性7人

 任期満了に伴う茨城県議選(定数62)が30日に告示され、計92人が届け出た。うち18人が無投票当選を決めた。候補者数をできる限り男女均等にするよう政党に求めた「政治分野の男女共同参画推進法」が5月に成立、施行後、初の都道府県議選。届け出た候補者が男女同数に達したのは共産党だけで、男女均等には遠い状況といえる。12月9日投開票。

 政党の公認候補は計58人で、うち女性は7人。県議会最大勢力の自民党は公認38人のうち女性は1人だっ…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文748文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです