メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本一太氏「自分にしかできないことある」 群馬知事選出馬へ

山本一太氏=須田桃子撮影

[PR]

 元沖縄・北方担当相で自民党群馬県連会長の山本一太参院議員(60)=4期=は5日、任期満了に伴う来夏の群馬県知事選に立候補する意向を表明した。来夏の参院選群馬選挙区の自民党公認候補だったが、出馬はとりやめるという。

     現職の大沢正明知事(72)=3期=は過去3回の知事選でいずれも自民党から公認または推薦を受けている。山本氏の出馬表明を受け、大沢氏は5日、記者団に「(自身の進退は)まだゆっくり考えて2月に発表する」と述べ、進退について明言を避けた。後援会などから待望論があり、出馬した場合は保守分裂選挙になる可能性がある。

     山本氏は5日朝、自身のブログに「立候補を決断した」と書き込み、東京都内で記者団に「地元で(知事選出馬への)待望論がある。自分にしか知事としてできないことがあると思う」と理由を語った。【杉直樹】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです