メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主、参院選に嘉田氏擁立検討 前滋賀県知事

 来夏の参院選滋賀選挙区(改選数1)で、国民民主党滋賀県連が、前県知事の嘉田由紀子氏(68)の擁立を検討していることが6日、関係者への取材で分かった。ただ、嘉田氏は野党の統一候補としての立候補を希望しており、立憲民主党などと協議を続けている。

     関係者によると、4日に開かれた国民、立憲両党に共産党、社民党を加えた4党の県組織の関係者による会議で、国民が嘉田氏の擁立を打診。9日の国民県連の幹事会で嘉田氏の擁立を決める方針を示したという。ただ、共産が新人で党県常任委員の佐藤耕平氏(36)の擁立を既に決めているほか、立憲も候補者の選定を進めており、調整は難航する可能性もある。

     嘉田氏は2006年に知事に就任し、12年衆院選で知事のまま「日本未来の党」の代表に就いたが、党は惨敗。14年に2期目の任期満了で退任後、昨年の衆院選で滋賀1区から無所属で立候補したが、落選した。

     来夏の参院滋賀選挙区には、自民党現職の二之湯武史氏(41)も立候補を予定している。【北出昭】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです