メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬知事選は保守分裂も 山本氏出馬表明に関係者「寝耳に水」

山本一太氏=須田桃子撮影

 任期満了に伴う来夏の群馬県知事選に、自民党県連会長の山本一太参院議員(60)=4期=が5日、出馬に名乗りを上げた。3期目で現職の大沢正明知事は進退を明言していないが、後援会などからは待望論も聞かれる。大沢氏が立候補すれば保守分裂の可能性があり、自民県連からは困惑の声が上がった。【杉直樹、鈴木敦子】

 県連トップの出馬表明は多くの自民関係者にとって突然の出来事だった。「寝耳に水。方向性を出すのは当分先だと思っていたので驚いた」。自民の中堅県議は山本氏の出馬表明に驚きを隠さなかった。

 伏線はあった。山本氏は11月に自身の政経セミナーで「参院選に出るのか知事を目指すのか半々だ」と発言…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです