メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市長選、麻生財務相と現職「雪解け」? 市議団説得で4選黙認

北九州市長選を巡る人物相関図

 任期満了に伴う北九州市長選(来年1月13日告示、同27日投開票)の告示まで約1カ月。麻生太郎副総理兼財務相ら自民の一部は4選を目指す現職の北橋健治氏(65)の対抗馬擁立を模索していたが、ここにきて「北橋容認」に転じ、北橋氏と共産系新人の一騎打ちとなる公算が大きくなった。ただ、地元経済界には北橋氏の市政運営への不満もくすぶり、依然として流動的な要素も消えていない。

 「市議団は一致団結している。北橋市長にはより一層の奮起をお願いしたい」。12月9日、北九州市内のホ…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです