メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、山梨知事選に全力 参院選見据え一本化に腐心

 任期満了に伴う山梨県知事選(来年1月10日告示、同27日投開票)は、与党推薦の元衆院議員と、野党が支援する現職が事実上の一騎打ちとなる見通しだ。自民党は「統一地方選や参院選の前哨戦」と位置付けて支援に全力を挙げる。しかし同県では、2005年の郵政選挙以降の衆院選で、自民二階派と岸田派が「保守分裂」選挙を展開。両派は知事選勝利のため表面上「和解」したが、遺恨を乗り越えて結束できるかが課題だ。【竹内望、浜中慎哉】

 「これで一本化できる。やっと一緒に戦える」。岸田派の古賀誠名誉会長は先月7日、二階派を率いる二階俊…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです