メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、山梨知事選に全力 参院選見据え一本化に腐心

 任期満了に伴う山梨県知事選(来年1月10日告示、同27日投開票)は、与党推薦の元衆院議員と、野党が支援する現職が事実上の一騎打ちとなる見通しだ。自民党は「統一地方選や参院選の前哨戦」と位置付けて支援に全力を挙げる。しかし同県では、2005年の郵政選挙以降の衆院選で、自民二階派と岸田派が「保守分裂」選挙を展開。両派は知事選勝利のため表面上「和解」したが、遺恨を乗り越えて結束できるかが課題だ。【竹内望、浜中慎哉】

 「これで一本化できる。やっと一緒に戦える」。岸田派の古賀誠名誉会長は先月7日、二階派を率いる二階俊…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです