メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府知事・市長

公明を批判 松井氏「ダブル選も」

 大阪府の松井一郎知事と大阪市の吉村洋文市長は24日、大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」を実現させるため、任期途中に辞職して来年4月の統一地方選との同日でダブル選を検討していることを認め、「出直し選をやるとすれば、府議会・市議会でもう一度民意を問いたい」と述べた。連携を模索する公明党については「合意した内容を一方的に破棄された」と批判した。大阪市内で記者団の取材に答えた。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  4. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  5. ORICON NEWS 紗栄子、牧場経営で栃木県への移住決意「自信を取り戻すお手伝い」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです