メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想「ダブル選」、公明が参院選同日を拒否

記者会見する公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(中央)と小笹正博代表代行(右)、林啓二幹事長=大阪市西区で2018年12月25日午後1時32分、平川義之撮影

 公明党大阪府本部は25日、大阪都構想の住民投票について、大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)が目指す来夏の参院選との同日実施を拒否することを正式に表明した。記者団の取材に府本部代表の佐藤茂樹衆院議員は「参院選までに実施する考えはない」と述べ、維新との対立が決定的になった。公明の対応を受け、任期満了が来年11月26日の松井知事と同12月18日の大阪市の吉村洋文市長は、任期途中で辞職してダブル選挙に踏み切る見通しがさらに強まった。

 25日午後、大阪市の公明府本部で佐藤代表と小笹正博代表代行(大阪市議)、林啓二幹事長(府議)の3人…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです