メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府知事、市長 年頭あいさつでダブル選にじませる

吉村洋文・大阪市長の年頭あいさつが中継されたが、音声が出ず対応に追われる職員(左)=大阪市住之江区で2019年1月4日午前9時41分、梅田麻衣子撮影

 正月三が日が明けた4日、官公庁や企業で仕事始めがあった。今年の暦は5、6日が土日のため、7日から仕事を始める企業も多いが、大阪府庁や大阪市役所ではトップが年頭にあいさつし、平成最後の年のスタートを切った。

 2025年国際博覧会(万博)の開催地に決まり準備が本格化する大阪。今年6月には主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれる。松井一郎知事は府庁で約300人の職員を前に「大阪が世界に向けて存在感を発揮していく千載一遇のチャンス」と訴えた。

 大阪市を廃止、特別区に再編する大阪都構想を実現するため、大阪市長とともに任期途中で辞職し、4月にダ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです