メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性の参院選立候補者 立憲40%、国民30%目標掲げ争奪戦

立憲民主党の枝野幸男代表=川田雅浩撮影

 4月の統一地方選と7月の参院選に向けて、立憲民主党と国民民主党は、女性候補を積極的に擁立していく方針だ。国会議員の男性比率が高い自民党との違いを打ち出すことを狙う。国民が先んじて全候補者の30%を目指すと掲げ、立憲も昨年12月に40%で対抗。「女性候補争奪戦」の様相も呈している。

 昨年5月に国政選挙や地方議会選挙で男女の候補者数をできる限り均等にすることを求める「政治分野における男女共同参画推進法」が成立。これを受け、国民は昨年6月に女性候補者の比率を30%とする方針を決めた。都道…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです