メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

ロシア疑惑追及激化 トランプ氏、プーチン氏と直接会談の内容を記録に残さずと米紙報道

トランプ大統領=AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は、プーチン露大統領と直接会談した際の協議内容を記録に残さず、政府高官とも共有しなかったと報じられ、新たな追及の火種となっている。トランプ氏は14日、「フェイク(偽)ニュースだ」と報道を否定。2016年大統領選でトランプ陣営がロシアと癒着していたなどとされる疑惑でメディアの報道や野党・民主党の攻勢が活発化するなか、トランプ氏も徹底抗戦の構えを見せている。

 米紙ワシントン・ポストは12日、複数の現・元当局者の話として、トランプ氏が就任後2年間に計5回行っ…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1160文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです