メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統一地方選

4知事選で「保守分裂」 自民苦慮、背景にぜい弱野党

 春の統一地方選で予定される10道県知事選(3月21日告示、4月7日投開票)のうち、福井、島根、徳島、福岡の4知事選が「保守分裂」の様相となり、自民党が対応に苦慮している。実際に分裂選挙となれば党内にしこりが残るおそれがあり、組織力の低下を懸念する声が出ている。【竹内望】

 「党内の不協和音が地域、県連レベルでかなり多いのは残念ながら事実。一番大変なのは地域ごとの結束を図ることだ」。自民党の甘利明選対委員長は15日夜のBS11番組で、背景に各県連内の不協和音があることを認め、一本化を模索する姿勢を示した。

 ただ、今のところ収束の気配はない。現職の溝口善兵衛氏が引退する島根では県連が今月9日、元総務省消防…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです