メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通常国会 政府・与党が法案絞り込み 参院選対策で「対決モード」を抑制

衆院議院運営委員会理事会に臨む与野党の議員。奥右端は菅義偉官房長官=国会内で2019年1月18日、川田雅浩撮影

 政府は18日の衆参両院の議院運営委員会理事会で、通常国会を28日に召集すると伝えた。会期は6月26日までの150日間。夏の参院選を控え、政府・与党は対決法案の提出を避けた上で、提出本数も60本程度に絞り込む。野党は厚生労働省の毎月勤労統計の不正問題が来年度予算案の閣議決定やり直しに発展したのを受け、予算審議に絡めて追及する。

 参院選は会期延長がなければ公職選挙法の規定で7月4日公示、同21日投開票の日程となる。改選される議…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです