メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬・昭和村議選、立候補の3人が無投票当選 再々選挙は回避

昭和村の地図

 昨年11月の選挙で候補者数不足だったことに伴う群馬県昭和村の村議選の再選挙(改選数3)が22日告示され、いずれも無所属で新人の3人が立候補を届け出て無投票当選が決まった。再々選挙という事態を免れた村選挙管理委員会は「選挙戦にはならなかったが、欠員を満たすことはできた」とほっと胸をなで下ろした。

 昭和村議選は昨年11月、任期満了に伴い実施されたが、定数12に対して立候補が9人(現職7、新…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. ポルシェ無免許暴走医師に懲役10年求刑 検察側「あおり運転していた」 神戸地裁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです