メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

参院選へ揺れる竹下派 トップは病気不在/総裁選しこり残り

 自民党第3派閥の竹下派(56人)が、会長の竹下亘前総務会長の病気療養で派閥運営に不安を抱えている。24日の緊急会合で幹部による「集団指導体制」を確認したが、昨年の会長交代劇や総裁選で派内が割れたしこりも残る。同派は夏の参院選で改選となる参院議員を多く抱え、「トップ不在」で再び足並みの乱れを懸念する声も漏れる。【松倉佑輔】

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. 桜を見る会「私物化」前夜祭は「公職選挙法違反疑惑」など 野党4党が追及点五つを整理

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです