メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨県知事選 自公推薦、長崎氏が初当選 現職の後藤氏ら破る

長崎幸太郎氏=野呂賢治撮影

 任期満了に伴う山梨県知事選が27日投開票され、自民、公明両党が推薦する新人の元衆院議員、長崎幸太郎氏(50)が、立憲民主、国民民主両党が推薦する現職の後藤斎氏(61)ら3人を破って初当選した。投票率は57.93%(前回41.85%)だった。

 選挙戦は、44年ぶりの自民統一候補となった長崎氏と主要野党が支援する後藤氏による事実上の一騎打ち。春の統一地方選と衆院2補選、夏の参院選の行方を占う重要な選挙…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです