メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨県知事選 自公推薦、長崎氏が初当選 現職の後藤氏ら破る

長崎幸太郎氏=野呂賢治撮影

 任期満了に伴う山梨県知事選が27日投開票され、自民、公明両党が推薦する新人の元衆院議員、長崎幸太郎氏(50)が、立憲民主、国民民主両党が推薦する現職の後藤斎氏(61)ら3人を破って初当選した。投票率は57.93%(前回41.85%)だった。

 選挙戦は、44年ぶりの自民統一候補となった長崎氏と主要野党が支援する後藤氏による事実上の一騎打ち。春の統一地方選と衆院2補選、夏の参院選の行方を占う重要な選挙…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです