メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

福岡県知事選 自民、新人武内氏を推薦 一部は現職支援へ

 春の統一地方選で実施される福岡県知事選で、自民党は30日、自民県連が推薦を申請していた元厚生労働官僚で新人の武内和久氏(47)の推薦を決めた。3選を目指す現職の小川洋知事(69)は29日に党本部に推薦願を出したが、党本部は県連や麻生太郎副総理兼財務相の意向を尊重した。小川氏は自民の推薦がなくても出馬する方針で、一部国会議員や地元経済界は小川氏支援の意向を示しているため、保守分裂選挙となるのは確実だ。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです