メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡知事選で麻生副総理が現職批判

麻生太郎副総理兼財務相=首相官邸で2018年12月、川田雅浩撮影

 4月7日投開票の福岡県知事選で、麻生太郎副総理兼財務相は3日、同県芦屋町で国政報告会を開き、3選を目指す現職の小川洋氏(69)について「信念が感じられず、政治家としていかがなものか」と批判。小川氏が与野党対立の構図を避けるため、自民を除く主要政党5党に出した推薦願を取り下げた動きをすかさず皮肉った。自民が元厚生労働官僚の新人、武内和久氏(47)を推薦後、麻生氏が知事選について公に発言するのは初めて。

 小川氏は与野党6党に推薦願を出したが、自民の推薦を得られなかったことで「私を野党の代表みたいに捉え…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです