メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

福井県知事選 保守分裂 自民新人推薦 一部県議は現職へ

 自民党は15日、福井県知事選(3月21日告示、4月7日投開票)で、元県副知事で新人の杉本達治氏(56)の推薦を決めた。県連が推薦を申請していた。一部県議は5選を目指して立候補する現職の西川一誠知事(74)を支援する方針で、保守分裂選挙となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 黒川氏訓告 法務省は自衛隊処分例「把握」 森法相答弁と食い違い

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 夏の味覚・クロマグロ「脂が乗り刺し身がお勧め」 鳥取・境港で今年初の水揚げ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです