メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

町議選、立候補者足りず再選挙の可能性 5人引退も新顔なく 神奈川・山北

住民に町議選で再選挙の可能性を説明する町議会の府川輝夫議長(右)=神奈川県山北町で2019年2月15日、国本愛撮影

 東京都から西に約80キロの神奈川県山北町の町議会(定数14)が、議員のなり手不足に直面している。町議選告示まで約2カ月の15日現在で現職5人が引退の意向を固め、態度を決めかねる議員もいるが、現状で立候補表明している新人はいない。4年前の選挙は無投票だったが、欠員が定数の6分の1を超えれば、市町村議会選挙では異例の再選挙になる。人口減や高齢化に伴う地方議員のなり手不足に悩む自治体はほかにもあり、4月の統一地方選で同様のケースが生じる可能性がある。

 「私が知る限り現職7人が立候補するが、新しい方で耳に入っているのは1人しかいません」。15日に開か…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです