メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、大阪ダブル選想定で臨戦態勢に 「維新包囲網」を視野

自民党大阪府連の会議で、大阪府知事と大阪市長のダブル選に向けた考えを述べる府連会長の左藤章衆院議員(奥右から2人目)=大阪市中央区の自民党府連で23日、岡崎大輔撮影

 大阪都構想の住民投票を巡り、松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)が知事・大阪市長のダブル選前倒しの構えをみせる中、自民党府連は23日、ダブル選を前提にした選挙対策会議を開いた。自民は国政で与党ながら、大阪では維新に苦杯を喫してきた。連立を組む公明党との関係を軸に「維新包囲網」の構築も視野に臨戦態勢に入った。

 「知事や市長選挙になりますと、我が党だけではありません。公明党さん、他の党も同じ思いになると思います。その点も踏まえて連携を取りながらやっていきたい」。府連会長の左藤章衆院議員は会議冒頭でこう述べた。直近の衆院選で惨敗したとはいえ、維新(日本維新の会)の府内比例代表での獲得票は自民と拮抗(きっこう)。地盤を築いた維新に対し、自民が首長選で対抗するには公明や他党との連携は必須とみられる。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです