メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府知事・市長「ダブル選」確定的に 大阪都構想・住民投票、公明合意せず

松井一郎・大阪府知事(左)と吉村洋文・大阪市長=大阪市北区で2019年1月23日、山崎一輝撮影

 公明党大阪府本部は2日、大阪都構想の住民投票実施の確約を迫る大阪維新の会の要求に応じない方針を改めて確認した。支持母体の創価学会幹部も容認しており、維新と公明の交渉決裂は決定的。松井一郎大阪府知事(維新代表)と吉村洋文大阪市長(同政調会長)が任期途中で辞職し、4月の統一地方選と同日で知事と市長が入れ替わって出馬するダブル選の実施は確実な情勢になった。

 松井、吉村両氏は、年度内で最後となる都構想の制度案を協議する今月7日の法定協議会で公明の対応を見極めた上で、最終判断するとしていた。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです