メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ/1 人口減、縮む議会 4回連続無投票/政策議論停滞

立候補の届け出のため、村役場に入る望月典子さん=長野県生坂村で2019年1月29日、安高晋撮影

 長野県の山あいにある人口約1750人の生坂(いくさか)村。1月28日、「生坂村女性の会」会長の望月典子さん(77)は自宅で、会員の主婦(62)と膝を交えていた。記者も同席した。

 「やっぱり今回は無理かな」。翌日が告示の村議再選挙の話になると、望月さんはため息を漏らした。出馬へラブコールを送った会員に固辞され続けていた。

 人口が今の倍ほどあった昭和後期には議員志願者が多く、多選を控える暗黙の了解さえあったという生坂村の…

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1534文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです