メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ/2 うまみもカネも消え

石井町の位置

 四国山地と吉野川に挟まれた徳島県石井町。かつては町議選のたびに多額の現金が飛び交ったとされる。その町議選に1983年8月、34歳だった松尾誠作さん(70)が初めて立った。

 打ち出したのは「若くてクリーン」。だが、他の候補者が有権者に現金を渡す現場を目の当たりにした。「このままでは当選できない」と考えを変え、金権選挙の渦に身を投じた。

 「真夏の選挙は、お中元名目で物を配りやすかった」。ビールに調味料、靴下……。現金を配る運動員は「柱…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです