メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ/2 うまみもカネも消え

石井町の位置

 四国山地と吉野川に挟まれた徳島県石井町。かつては町議選のたびに多額の現金が飛び交ったとされる。その町議選に1983年8月、34歳だった松尾誠作さん(70)が初めて立った。

 打ち出したのは「若くてクリーン」。だが、他の候補者が有権者に現金を渡す現場を目の当たりにした。「このままでは当選できない」と考えを変え、金権選挙の渦に身を投じた。

 「真夏の選挙は、お中元名目で物を配りやすかった」。ビールに調味料、靴下……。現金を配る運動員は「柱…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです