メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
’19統一地方選

自治はどこへ/3 影潜めた、どぶ板選挙

 青森県津軽地方に位置するつがる市。のどかな田園地帯の真ん中に大型商業施設「イオンモールつがる柏」が建つ。オープンは1992年。今年1月の市議選では、専門店や映画館まで入る施設内に全有権者が投票できる共通投票所が設けられた。市内の他の投票所も同様で、どこでも1票を投じられる全国的にも珍しい試みだ。モール内で働く女性(65)は「仕事のついでに投票。靴を履き替える手間もない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文1874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです