メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ/3 影潜めた、どぶ板選挙

 青森県津軽地方に位置するつがる市。のどかな田園地帯の真ん中に大型商業施設「イオンモールつがる柏」が建つ。オープンは1992年。今年1月の市議選では、専門店や映画館まで入る施設内に全有権者が投票できる共通投票所が設けられた。市内の他の投票所も同様で、どこでも1票を投じられる全国的にも珍しい試みだ。モール内で働く女性(65)は「仕事のついでに投票。靴を履き替える手間もない」と話す。

 かつて津軽の選挙は激烈だった。投票のしつこい念押しは当たり前で「ついでに」という感覚とはほど遠い。…

この記事は有料記事です。

残り1633文字(全文1874文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです