メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

ダブル選きょう表明 知事・市長、法定協不調

 松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)と吉村洋文大阪市長(同政調会長)は7日、任期途中で辞職し、統一地方選前半戦と同じ投開票日程(4月7日)で、知事と市長が入れ替わるダブル選に踏み切る意向を決めた。同日にあった大阪都構想の制度案を協議する法定協議会(法定協)で、住民投票の日程を定めた案に公明党が反対し、否決されたため。行き詰まった都構想について民意を問うことで、任期中に再び挑戦する考えで、8日に記者会見して正式に表明する。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです