メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

ダブル選きょう表明 知事・市長、法定協不調

 松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)と吉村洋文大阪市長(同政調会長)は7日、任期途中で辞職し、統一地方選前半戦と同じ投開票日程(4月7日)で、知事と市長が入れ替わるダブル選に踏み切る意向を決めた。同日にあった大阪都構想の制度案を協議する法定協議会(法定協)で、住民投票の日程を定めた案に公明党が反対し、否決されたため。行き詰まった都構想について民意を問うことで、任期中に再び挑戦する考えで、8日に記者会見して正式に表明する。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  2. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 成人式前後に会食、新成人らクラスター 金沢市などの6人感染 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです