メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事と市長、8日午後に辞職願 大阪都構想目指し入れ替わりダブル選へ

大阪府の松井一郎知事(左)と大阪市の吉村洋文市長=猪飼健史撮影

 大阪都構想の住民投票実施が行き詰まり、「民意を問う」として、松井一郎大阪府知事(大阪維新の会代表)と吉村洋文大阪市長(同政調会長)は8日午後、府議会と市議会の各議長に辞職願を提出する。同日夕の党所属議員らが出席する会合で、4月の統一地方選に合わせて知事と市長が入れ替わるダブル選に臨むことを確認し、記者会見で正式表明する。住民投票の再挑戦を最大の公約に掲げた異例の選挙戦に突入する見通しだ。

 松井知事は8日午後、辞職表明前に岩木均議長と面会し、辞職願を提出する方向で調整が進んでいる。吉村市…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです