メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ/4 大合併、「辺境化」を加速

工事が進む雄勝の中心部を背にする高橋頼雄さん=宮城県石巻市で2月18日、安高晋撮影

 海辺の作業場を出ると、高くそびえる建設中の防潮堤が見える。「反対する地域の声がどれだけ届いていたのか。合併前の『町』だったら、対応は違ったかもしれない」。宮城県石巻市雄勝地区(旧雄勝町)のすずり職人、高橋頼雄さん(51)は今も憤る。

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです